IEのサポートが切れた一週間後の今。
2022.06.23


結構IEについて検索してくる方がいるのでその話をば。
Windows11でIEがまだ動くかの実験ですが、
最新のアップデート(KB5014697)を施した状態でも
Powershellを用いた手法は動いているようです。
「その手法とはなんじゃ?」という人の為に書きますと、
ショートカットのリンク先に

C:\Windows\System32\WindowsPowerShell\v1.0\powershell.exe -Command "(New-Object -ComObject InternetExplorer.Application).Visible = $true"

と入れたものを作成するだけ。
このショートカットを動かせばIEが立ち上がってくるという。
バグというか、セキュリティホールっぽい香りがプンプンするので、
近いうちにアップデートでつぶされると思っていたのですが、
MSの対応は鈍いですね。
ちなみにWindows10でも動いています。
MSの説明ではサポートが16日で切れると言っているだけで
正確には

「Microsoft 社が定める時点より、IE を起動しようとすると
Microsoft Edge が起動するよう変更されます」

ということなので、しばらくは猶予期間があるとみていいのかも。
上記の手法が使えなくなったら
過去、私の記事で紹介したVMWAREとWindows7を用いた手法は
今後も有効と思われるのでそちらを活用しましょう。






回復パーティションを削除する
2021.08.22
回復パーティションとは
Windowsが異常になった時に必要となるパーティションですが、
HDDをミラーで世代バックアップしている人は特に必要なかったりします。
人によっては意外と邪魔なんですよね。



特にVMWAREなど使っていると空き領域が足りなくなったとき、あとから増やそうとしても、
上の写真の様に回復パーティションがあることでCドライブと増量した領域を連結できなかったり、
不便きわまりないドライブであります。

これを削除する方法をこれからまとめておきます。
Partitionというスペルが良く忘れがちなので、
コマンドをコピペできるように私の備忘録でもあります。



コマンドプロンプトの起動はスタートメニュー(Windowsシステムツール)から可能。
ファイル名を指定して実行で動かすときは「cmd」と打ち込めばok
コマンドプロンプトは管理者権限で立ち上げないとダメってことはありません。



↑立ち上がった状態の画像
diskpart
と打ち込んで実行。



失敗すると致命的ダメージをあたる作業なので
Administrator権限を持っているアカウントでも確認メッセージが出ます。
はい」を押して続行します。



新たなウインドウが開かれます。
パーティションを弄る記録媒体を確認、指定するために
list disk
と打ち込んで、このパソコンに何台接続されているか確認します。



今回の例ではVMWARE上でやっているのでHDDが1台でした。
なのでディスク0を指定してあげる必要があります。



指定方法は
select disk 0
と打ち込みます。



「ディスク 0 が選択されました」
と出れば成功。



次は先ほど指定した記録媒体の中はどうなっているのか、
パーティション構成を覗いてみます。
list partition
と打ち込んで実行



回復パーティションの存在が見えます。
番号は3番目となっています。



3番目とわかったので
select partition 3
と打ち込んで、回復パーティションに処理を施すよと指示します。



「パーティション 3 が選択されました。」と出たら
いよいよ次は削除の工程です。



delete partition override
と打ち込んで実行。
一瞬で削除が終わります。
特に「削除しました」なんてメッセージもありません(;´Д`)



ディスクの管理を覗いてみると、回復パーティションが消えて未割り当てに吸収されているのが分かります。



あとはCドライブの容量を増やしたいので「ボリュームの拡張」を行って完了となります。
Windows Liveメールの送受信トラブル
2021.07.15


Windows10で使っていると強制アップデートでLiveメールが調子悪くなることが多々あります。
ここ最近特にこのトラブルで呼ばれることが多くなりました。

「Windows Liveメール」は2017年1月10日にサポート終了しています。
「サポート切れてるソフトなんか使うからだ!」
と心無く切り捨てる人も居ますが、
エンドユーザーの気持ちからすれば、それは横暴というものです。
使い慣れているソフトをずっと使いたいのは、素人もプロも同じ。
どうにかして古い資産を使い続けていくのはとても重要だと思います。
私は見捨てません(;´Д`)

とは言ってもトラブルの状況を正確に判断するため、
・インターネットのブラウザ(Micrsoft Edge等)で何かしらのホームページが閲覧できるか、
・Win10に付属している「メール」ソフトで送受信できるかどうか
・セキュリティソフトを入れているのなら、それを完全に停止させてどうなのか
・契約しているプロバイダがダウンしていないか(料金未納などで止められている等)
・契約しているプロバイダで、セキュリティ強化のためPOPポートの110、SMTPポートの25が使えなくなった可能性は?
・SMTPや、POPサーバーに直接Pingを飛ばしてみて到着するか確認してみる。

は先に確認が必要です。
Windowsアップデートでもトラブルは良く起きますがセキュリティソフトもよく悪さをしますので、疑ってみるといいでしょう。
あと、Windows10の場合シャットダウンは完全なものではありません。
以前に動いていた状況を保存し次回起動時にそれを復元しています。
つまり、毎回電源を入れなおしているつもりでも、
毎回おかしい状況まで復元してしまいますので、
一度再起動を行ってリセットをすることも重要です。

今まで使えていたのに、ある日送受信できなくなったという場合、
アカウントの設定内容を再確認してもほぼ意味がありません。
ユーザーが弄っていない限り変わっていることはないでしょう。
なので設定の類をチェックするのは最小限で。

「メール」でも「Liveメール」でも送受信できない場合、
契約プロバイダのメールサーバーが容量いっぱいであふれている可能性が高いです。
特に受信プロトコルにPOP3を使っている場合よく起きます。



その場合は、アカウントの設定で↑サーバーからデータを削除する方法を確認し、
写真のように「[ゴミ箱]を空にしたら、サーバーから削除(M)」となっている場合は、
ゴミ箱を空にしてみましょう。
日数でサーバーを消すになっている場合は一度解除して、とにかくすぐに消せるようにします。
殆どはこれで消せるのですが、稀にPOPサーバーにアクセスすらできずエラーになるプロバイダがあります。その場合はブラウザから、プロバイダが提供するWebメールにアクセスしてそちらから削除するしか方法がありません。

Win10付属の「メール」で受信できて「Liveメール」で受信できない場合、
「Windowsアップデートが悪さしている」
「Liveメールが異常動作している」
「セキュリティソフトが悪さしている」


の3つに絞れます。(HDDのセクタが破損なんてこともあり得ますが、極稀なケースなので今回は除外。)
有料のセキュリティソフトをアンインストールする場合、
ライセンスキーが紛失していた時、再インストールが困難になるので、
最後の手段ということにします。私の経験上、ほとんどの人が紛失かすぐ出せるとこにありません(;´Д`)

アップデート直後におかしくなったのであれば、
そのKBファイルをアンインストールすれば治る可能性は高いです。
削除方法は以下の通り

・最左下の「Windowsスタートボタン」を右クリック
・「歯車」のアイコンをクリック
・最後の項目「更新とセキュリティ」をクリック
・「Windows Update」というボタンを探しクリック
・「更新の履歴を表示する」をクリック
・上側にある「更新プログラムをアンインストールする」をクリック
・更新プログラムのアンインストール画面が表示されますが
 最も最近インストールされたものを選択しアンインストールする。


この後再起動して治らなければ、Liveメールの環境データが破損している可能性がたかいので、
そちらを修復します。
その修復指示はレジストリに文字を刻むことで行いますので
レジストリエディタを立ち上げます。



スタートボタンを右クリックして出るメニューに
「ファイル名を指定して実行」
というものがあります。



ここで「regedit」と打ち込んでレジストリの編集プログラムを立ち上げます。
以下の項目を左枠のリストから確認してください。



HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Windows Live Mail

この項目の中に
“RecreateFolderIndex”
“RecreateStreamIndex”
“RecreateUIDLIndex”
という項目を右のリストから探します。
ある場合、それらの項目の値が0であれば1に変更します。
項目そのものが無い場合は上記の項目3つを「DWORD(32bit)値」で作成し値を1にします。
環境データを再生成する指示なので、
WindowsとLiveメールを再起動すると値がまた0に戻ってしまいますが問題ありません。

エラーコードが「Windows Live メールエラーID:0x800C013E」の場合、
殆どこの作業で治るようですが、Windowsを再起動後これでも治らない場合は
Liveメールの再インストールを検討します。
アカウントも全部削除した方が確実なので、
アドレス帳や大事な受信データをバックアップ取ります。
もし、プロバイダの契約書類(IDやパスワード等が書かれたもの)を紛失している場合は、
この時点でゲームオーバーです(;´Д`)
アンインストールする前に確認しましょう。



バックアップはLiveメールのエクスポート機能を使って行います。



もちろん保存形式は「Microsoft Windows Live メール」で。
選んだら保存先を指定。



「すべてのフォルダー」を選択してバックアップ終了。



アドレス帳のバックアップは上記の画像を参照。
左下の「アドレス帳」を選択。右上の「エクスポート」を選択。
その後「名刺(.VCF)」を選択。
あとは保存先を指定して「OK」を押すと
アドレス帳のバックアップが完了します。

次はLiveメールをアンインストール
それは特に説明しなくてもできるとは思いますが、
蓄えられた設定ファイルなどはこれでは削除できません。

C:\Users\使ってるユーザーの名前\AppData\Local\Microsoft\Windows Live Mail

のフォルダを全削除して完全削除になります。
このフォルダ削除を行わないと再インストールしたときに
おかしい環境が復活します(;´Д`)

あとは「Windows Liveメール」をインストールして
アカウント設定をして送受信を試してみます。
これで治っていなければ最終手段のセキュリティソフトを
アンインストールしてどうかということになります。

セキュリティソフトを消してみてダメなら、
もう対策は出尽くしたということで
Win10添付の「メール」に切り替えることを
検討してもいいのではないでしょうか。
2021.07.15 00:55 | 固定リンク | Windows全般
Autodesk Fusion360の制限
2020.09.25
最近、3DCAD界隈で激震のニュースが流れました。
Fusion360は2020年10月1日から個人使用と非営利使用に制限が付きます。
これは3Dデータを作る人たちにとって重要度の高い変更になります。
老舗が提供するアプリということで信頼して使い始めた人も結構いるのではないでしょうか。
今回の事件は、今後クラウド系アプリを使い続けるか、別製品のパッケージ版を買って使うのか真剣に考えるべき話です。

3Dプリンターを中心に話を進めます。
まず大きな問題となったのは

「アクティブで編集可能なドキュメントが10個に制限」

この文言です。あまりにも曖昧な説明で、普通の人ならば10個までしかデータを保存できなくなると読み取れます。私も最初そう考えました。
この文章を見たとき、ローカルに保存して管理しようと考えるわけですが、クラウドにデータを保存するのが基本のFusion360はエクスポート(ローカルファイルに書き出し)に制限がかかるとなすすべがありません。当然エクスポートにも制限がつくことが発表されています。

「あ、今月中に全部落とさないと詰む」

と頭によぎりましたね。
あとシミュレーションが使えなくなります。強度や動きなどを確認するすべがなくなるので、もうカンでモデリングするしかありません。その他の制限はAutodeskのHPを参照してもらうとして、特に重要な上記の変更は即死級のダメージです。最近になって10個制限の意味は、

「1アイテムの構成部品のアクティブリンクが10個まで」

という説がでてきて、保存数に制限はないという話が濃厚になってます。
しかも10個制限は2021年1月19日からの話だから急ぎではないということですが、私はいまいち信用が置けないのですべてのデータをSTEPとSTLで吐き出しておきました。

データをクラウドに預ける方式には、まるで人質をとられてるような感覚で不安は感じていました。
クラウドサービスと、アプリの月払いサービスは絶対に信用してはいけません。
お金を払っているから大丈夫なんて思っていたら大間違い。
いきなりアプリがアップデートされて機能が使えなくなったり、ネットサービス終了なんてことも普通にあり得ます。
Adobeだと直近で起きたことと言えばMuseのサービス終了です。

Fusion360はネットサービスだけど無償だから使っていただけです。無償でなくなれば、今後安く提供されたとしても手広くやってる業者くらいしかメリットがありません。
Fusion360自体はとてもよくできたアプリなんです。パッケージ版がRinoceros並みに発売されてくれれば買うんだけど(;´Д`)

アプリはパッケージ買取が最強です。購入時高いお金を出すことにはなりますが、パソコンが動く限り永久に使うことができます。
今後はRinocerosにするか、SolidWorksにするか、ほかの無料を探すか。どれも操作を最初から覚えなおさなくちゃいけないので大変です(;´Д`)
SolidWorksは操作的にはFusion360に近いけど、高すぎるので現実的ではないんですよね。
最終版の123D Designを持ってるので、いっそのことそちらに戻るという手もありかな。
2020.09.25 22:39 | 固定リンク | Windows全般
LANケーブルの交換
2020.07.11
最近デスクトップパソコンの調子が悪い(;´Д`)
とくにLAN関係。だけど無線LANだと問題は起きない。
長く使ってるPCなので「マザーのLAN周りがいかれたかな?コンデンサでも吹いただろうか?」と思ってたけど、最終決断をする前に、LANケーブルのノイズを疑ってみました。

今回買ったのは



CAT8 40Gbps 2000MHz 高速銅導線採用 二重シールド構造
のLANケーブル。シールドに偽りが無ければ速度が出るはず。
嘘かホントか有名な米国FLUKE networksテスター検証済みということなので、
無ノイズ下では40Gbpsがでるんでしょう。嘘かホントかわかりませんが(;´Д`)



太さは一般のものとくらべ二回りくらい太いです。硬さはアンテナ線を触っているかのよう。
端子部分のシールドが甘い気がしますが、今まで使っていたカテ6に比べると十分です。



↑これは今まで使っていたLANケーブルで計測したもの。
激遅な上にダウンとアップの値が逆転したりすることもあり、不安定。
一瞬だけ早い時もあれば、まったく通信できないような状況もたまにあります(;´∀`)



↑交換後の速度は驚きの結果に。昨今では100Mbps程度では速いとは言えませんが、
途中に挟んでいる機器は未だカテ6ケーブルなので、能力最大は出ているとみてよいでしょう。
この結果から原因はノイズということに。
発生源はどこだ(;´Д`) 

2020.07.11 23:36 | 固定リンク | Windows全般

- CafeNote -