【Python】新しい言語のお勉強
2019.05.27


最近のパソコン事情。
ツールという役割はスマホやタブレットに譲り、
パソコンの用途は機械学習、AI、解析を中心に
人不足を露骨に解消するための機械にシフトしつつあります。
私が最も深く身に着けた言語はDelphiですが、
最近のPC事情がこういった予想外の方向に進みつつあり、
Delphiでは対応しきれない事案が多くなってきました。
そろそろ限界なんですかねぇ・・Delphi(;´∀`)

Delphiといえば強力なデータベース機能、オブジェクト指向によるメンテナンス性、
高速なコンパイル、ランタイムを必要とせずEXE単体で配布が可能な頒布力が魅力です。
ところが人気度ランキングではいつも欄外で肩身が狭い思いをしてきました。
なぜだ・・・(;´∀`)
AndroidやIOS、LINUXなどのクロスコンパイラとして最近は機能を強化してきたのですが、
従来のVCLと違って、FireMonkey (FMX)というちょっと癖のあるIDEを使っての構築に
「新しい言語を覚えたほうがいいんじゃないか?」と思わせるほど苦労します。
どうせ新しい言語を覚えるなら、
最近はやりのPythonはどうなのかちょっと調べたくなってみました。

Pythonといえば情報処理試験でCOBOLの代わりに導入されたのが記憶に新しいです。
Pythonはインタプリタ言語のようで、昔懐かしいN88BASICを彷彿とさせます。
CUIでの操作が基本ということで、これもN88BASICっぽいですね。
教育機関でもその扱いやすさから多くで教えているようです。

Pythonの強みは私が見る限り5つあると思います。
1.無料である。
2.マルチプラットフォームである。(PC、スマホなど機械を選ばない)
3.豊富な資料と強力なライブラリ
4.シンプルなコーディング
5.実行までの手順が軽快

これ以外のメリットは経験してみればわかるのかもしれなけど、
今のところ分からない。

できることも、有志が作ったライブラリが豊富でほぼ何でもできる。
ゲームについてはちょっと力不足を感じるけど、
最近流行りのものは全部対応している形だ。
定番もののライブラリ集をまとめてみる。

【機械学習】
TensorFlow(テンソルフロー)

【組み込みアプリ/GUI開発】
Qt Designer

【Webアプリケーション】
Django

【ゲーム】
Pygame
【ウェブスクレイピング】ネットの情報を抽出し集計する技術

【画像処理】画像や動画を処理するための機能
OpenCV

【統合開発環境】
Anaconda(Spyder) 無料版はサポートはないが機能の制限はなし。

どうやらAnacondaをインストールすると良く使われる外部ライブラリは殆ど入ってくるらしい。更新も楽なのでDelphiの統合環境を使っていた私は入りやすいかも。
無料のツールなので、コマンドプロンプト(シェル)から
conda update conda
conda update anaconda
の2つをセットを実行するといいようです。簡単ですね。

Anacondaに含まれるPythonの機械学習ライブラリ
NumPy     大量データ配列の処理に特化したライブラリです。
SciPy     NumPyでできる処理に加え、信号処理や統計の処理も可能なライブラリです。
Matplotlib  データをプロットしたグラフ画像を出力できるライブラリです。
Pandas    NumPyのデータに対し、統計処理を実施できるライブラリです。
Scikit-Learn アルゴリズムチートシート」を用いて、機械学習を行えるライブラリです。
Jupyter   「ノートブック」形式のプログラムを実行しながら結果を記録し、分析できるライブラリです。

Delphiのようなグラフィカルな設計をしたいときはQt Designerを使うと良さそうです。

あまり机上の空論だけ述べても詮無きことなのでどういったものなのか実際に体験してみたいと思います。
まずは開発環境を整えてみます。気軽に行動に移せるのが無料の強み(*´Д`)
過去の経験を踏まえて私は開発環境は仮想PC上に作ることにしています。
パソコンが故障したり新しいPCに変えたりしても、時間のロスなく開発を続行できるからです。
今回もその例にもれず、VMWAREのWindows10Professional上に環境を作ります。



Anacondaを入れるだけで殆ど終了です。
あとはわかりやすいようにAnaconda Promptのショートカットをデスクトップに引っ張ってきて、わかりやすいように名前をPython Promptに変える。
あとはリンクもなく奥底に隠れてるQtDesignerのショートカットを作ります。
C:\Users\user\Anaconda3\Library\bin\designer.exe
場所は↑ココ。
次にコンパイラがないと何となく不安なので、PyInstallerも入れておきます。
方法は、先ほどPython Promptに名前変えしたやつを実行し、
その中で「pip install pyinstaller」を打ち込みエンター。
あとは勝手に組み込まれていきます。
入ってしまえば、Pythonプロンプト内で「pyinstaller ***.py --onefile」
とでも打てば単一のEXEファイルの出来上がり~

これで準備はひとまず完了。
【ジムニー JB23W】 オイル交換やりなおし
2019.05.21


エンジンオイルが滲みでて朝起きると地面にシミが・・・・
そういやドレンパッキンを変えるの忘れてたなっと・・・(;´∀`)
一晩で数滴のレベルなんですが、次回のオイル交換まではちょっと持たない気がしたので
ドレンパッキンを新しいのに変えることにします。



ついでなのでドレンボルトも変えてしまいましょう。



数日前に高級オイルを入れたばかり。走行距離にして40km程度。
さすがに捨てるのは勿体ないので再利用します。
上抜きで直接ジョッキに流し込めば埃もたたず再利用できるかなと思い
新品の蓋つきジョッキを購入。



そして上抜き用の電動ポンプも購入。
アマゾンで買えばとても安いです(*'▽')



いざチャレンジ~!
と思いきや盛大に失敗。
スズキ、K6Aエンジンのほとんどは上抜きができない仕様でした(;'∀')
オイルゲージのパイプが途中で平らに絞られているんです。
先に調べておけばよかったorz
まぁ、アコードで使えるからいいんですけどね。

仕方ないのでオイルドレンパンを使っての下抜きですよ。



オイルドレンパンを使ってオイルの滴りが止まるまで待つと、
黄砂やら虫やら含んでしまいます。今回はタンポポの種が混入・・・
そういったものを取り除く為に濾過しながらジョッキに戻します。
見ると、ロイヤルパープルの鮮やかな色が普通の汚れたオイルになってますね・・
強力な洗浄能力というのは偽りではないようです。



濾過にかかった時間、約1時間。かなりしんどい(;´∀`)
写真の通りオイルは2.6Lほど回収できました。
もともとフィルター交換時で2.9Lくらいしか入れてなかったので、
回収できたのが2.6Lならほぼ全量回収できた計算です。
見た感じ茶色感が薄まって少し紫の色が戻ってきてます。濾過すげー(笑)
ただこの汚れ具合だと冬に入る前に一度交換したほうがよさそうですね。

この後、オイルを入れなおして作業完了です。
新しいドレンボルトでは滲みと漏れは起きてません。

【ジムニー JB23W】 エンジンオイル交換(ロイヤルパープルHMX)
2019.05.18


前回オイル交換してから3000km突破したので、
今回はエレメントとオイル両方の交換をしたいと思います。
3000kmだと最近の考え方では短い周期だと思いますが、
前回交換したオイルはショップが用意した素性の知れないものなので
昔のターボ車基準である3000kmで交換にしました。

今回用意したオイルは、アメリカで根強い人気のロイヤルパープル
アメリカは日本と違って古い車を乗り続ける文化が根付いていますので、
ケミカルで健康をコントロールするという技術が極端に発達しています。
そのなかでトップを走り続けるのがロイヤルパープルというわけです。
今回買ったHMXというグレードは特に過走行に適したオイルで、
シリンダー内の摩擦軽減、高温時/低温時の油膜保持能力は当然のことながら、
強力な洗浄能力とガスケットやシールの弾力回復機能が含まれています。
酸化しにくいオイルというのも素晴らしいですね。
ガスケットは一度でも漏れ始めたら、大金を覚悟した修理が必要になるので
回復機能があるのは重要な要素だと思います。



ジムニーは前輪を同時に上げるのにデフにジャッキを掛けられないので、
とりあえずセンターの部分で持ち上げてウマをかけることにします。



オイルパンはシャフトの真上。
アンダーカバーが無いのは楽でいいけど手をぐるっと回さないといけないからラチェットを回しにくい・・・
オフロード走行するときにオイルパンを損傷しないように設計しているのかな。



フィルターも外しにくい・・・
ステアリングダンパーを付けたのでより一層外しにくい(-_-;)



名前に偽りのないキレイな紫。オイル3本で写真の位置まで入ります。



これで10分くらい馴染ませアイドリング。
オイル位置はゲージのアッパーとローワーのちょうど中央くらいで落ち着きます。
完全冷却するとまた上限近くまで戻ることでしょう。

ロイヤルパープルの説明書きには、HMXを使う場合は
約5000km交換を2回行った後に使用するのがおすすめと書かれています。
ある程度ノーマルオイルで洗浄してから使えということなんですかね。
HMXは最大で1年くらい、又は距離で25000kmまでは交換しなくてもokと書いてます。
ホントかな?(;´∀`) すげーロングライフだw
USアマゾンのレビューを見てると12000kmまでにしておいたほうがいいというコメントがありました。
ロイヤルパープルはとても高価なオイルですが、
1年に一回の交換でいいとなれば特売品オイルを入れるよりも安いですね。



最後に、ステアリングダンパーのブッシュがひび割れしてきてますね。
取り付けて半年なんですが、締め付けすぎ?(;´∀`)
交換部品を調達しておかないといけませんねぇ・・


日本のAmazonではHMXを扱ってはいないようですね・・
Firefoxでアドオンが突然死した件について
2019.05.04


Firefoxで大事件が起きました。
5月3日から4日切り替わるときに組み込んでいるアドオンがすべて使えなくなるという症状です。
広告ブロックのアドオンが使えないことでネットの住人たちは激怒の模様。
いまのネット社会はAdblockerなしでは渡り歩けないとまで叫ばれてます。

この事件はいったいなぜ起きたのでしょうか?
Firefoxは今までにも、ある一定のレベルに達していないアドオンに対し
強制的に排除するような手段を用いてきました。
今回もその類と誰しも推測したのですが、今回はすべてのアドオンなのですこし様子が違うようです。
有識者が検証したところ、証明書の有効期限切れに絡むトラブルということで
その機能をOffにすればアドオンは復活するとのこと。
以下は某記事から引用

"appDisabled":true を
"appDisabled":false にすべて置換
"signedState":-1 を
"signedState":2 にすべて置換、でファイルを上書き保存
Firefoxを再起動
URLバーに
about:addons を張り付けて移動
(もしくはメニューから[ツール(T)]→[アドオン(A)])
アドオンを[無効化]→[有効化]で
Firefoxを再起動

上記のがうまくいかない場合の対応策としては、
PCの日付を5月3日以前にすれば一時しのぎにはなります(;´∀`)
【ジムニー JB23W】 光軸おかしい。マイナスコントロールの疑惑を晴らす
2019.05.01


夜に明るさの確認をしてみました。
明るい。半端なく明るい(*´Д`)
アコハイと同等の明るさを感じます。
だけど対向車線からパッシングの嵐。光軸が狂いまくっている様子。
確かにロービームでハイビームと同じくらいの高さまで照らしてるので
かなり上向きになっているようです。
ハイビームにすると逆に対向車に怒られることはない状況でした。

そこで、ん?と思ったわけです。
もしかしてこれ、ハイとロー逆じゃね?(;´∀`)
ジムニーはヘッドライトがマイナスコントロールという珍しい車です。
中華の安いバルブを買うとハイとローが入れ替わったり、
ハイビームインジケータが点灯しなかったりといったトラブルがあるので、
もしかしそれか?と思ったわけです。



そこで再確認をしてみました。
実際にバルブがどう光るのかを確認すれば
マイナスコントロール対応なのかはっきりわかります。



まずスイッチをロービームにしてみます。
あまりにも明るいので写真補正で暗くしてます。
よく見るとハイビームのチップが点灯してません。
ということはロービーム側のチップが点灯しているということです。



次にハイビームに切り替えてみます。
今度はロービーム側が点灯していないことがわかります。
つまり正常に動いているということですね。
このLEDバルブ、安いわりにマイナスコントロールに対応しているようです。
一安心(;´∀`)

では対向車にパッシングされる理由はなんだったのかですが、
確かに光軸は上を向きすぎているのですが、
どうやら先日おかしいと思って修正したLEDバルブの傾きが正しいという結果に(;'∀')



正規の固定位置が上の写真の角度。
この位置でロービームを付けてみると反対車線側は光が弱まることがわかりました。
知らなかったわ(;´∀`)

あとから光軸の様子をじっくり見てみると、
ハイはきちんと上向き、ローは下向きに配光されてました。
やはり光軸が狂っていただけのようです。

- CafeNote -